放射性核種の半減期及び崩壊定数の一覧

放射性核種 半減期 崩壊の形態 生じる娘核種 崩壊定数
radio nuclide half time mode of decay daughter nuclide decay constant
89Sr 50.5日 β- 89Y 1.59×10^-7
90Sr 29.1年 β- 90Y 7.55×10^-10
131I 8.04日 β- 131Xe 9.98×10^-7
133I 20.8時間 β- 133Xe 9.25×10^-6
134Cs 2.06年 Ecto; β to 134Xe, 134Ba 1.07×10^-8
137Cs 30.0年 β- 137Ba 7.32×10^-10
234U 24.6万年 α 230Th 8.93×10^-14
235U 7.04億年 α 231Th 3.12×10^-17
238U 44.7億年 α 234Th 4.92×10^-18
238Pu 87.7万年 α toSF 234U 2.51×10^-10
239Pu 2.41万年 α toSF 235U 9.12×10^-13
240Pu 6537年 α toSF 236U 3.34×10^-12
241Pu 14.4年 α toSF; β- to 237U, 241Am 1.53×10^-9
242Pu 37.6万年 α toSF 238U 5.84×10^-14
241Am 432.2年 α toSF 237Np 5.08×10^-11
242Cm 162.8日 α toSF 238Pu 4.93×10^-8
243Cm 28.5年 α to ECto 239Pu, 243Am 7.71×10^-10
244Cm 18.11年 α toSF 240Pu 1.21×10^-9

崩壊形態

α: アルファ崩壊
アルファ粒子を放出し、原子番号と中性子数が2減る(すなわち質量数は4減る)現象。
β-: ベータ崩壊
中性子が電子(ベータ粒子)と反電子ニュートリノを放出して陽子になる現象。
β+: ベータプラス崩壊、陽電子崩壊
陽子が陽電子(ベータ粒子)と電子ニュートリノを放出して中性子になる現象。
EC (Electron Capture): 電子捕獲
電子軌道の電子が原子核に取り込まれ、捕獲された電子が電子核内の陽子と反応し中性子になる現象。同時に電子ニュートリノが放出される。
SF (Spontaneous Fission): 自発核分裂
質量数が非常に大きな同位体に特徴的に見られる放射性崩壊の一種。中性子やその他の粒子による衝撃を受けることなく分裂が始まる点が通常の核分裂と異なる。


デンコ式