屋内退避及び避難等に関する指標

予測線量(単位: mSv) 防護対策の内容
外部被ばくによる実効線量 内部被ばくによる等価線量
  • 放射性ヨウ素による小児甲状腺の等価線量
  • ウランによる骨表面または肺の等価線量
  • プルトニウムによる骨表面または肺の等価線量
10〜50 100〜500 住民は、自宅などの屋内へ退避すること。その際、窓などを閉め気密性に配慮すること。ただし、施設から直接放出される中性子線又はガンマ線の放出に対しては、指示があればコンクリート建家に退避するか、又は避難すること。
50以上 500以上 住民は、指示に従いコンクリート建家の屋内に退避するか、又は避難すること。

注意


デンコ式